読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガまとめ!

おススメまんがのあらすじ・感想・無料試し読み情報をまとめています(一部ネタバレ・結末を含みます)

老いた卵子~妊娠適齢期~ 【完結末全話まとめ!】 ネタバレあらすじ無料感想

インパクトがあるのはタイトルだけじゃなく・・・「老いた卵子(おいたらんし) ~妊娠適齢期~」を表題作とした短編集で全5作構成。どれも展開は非日常的(ぶっ飛びぎみ?!)でも主題となっている女性の病気は日常的で他人事とは思えないものばかりで。病気に対する主人公の思いに、家族の理解・・・これらによって結末ラストは大きく異なります。聞けば実際にあった話がもとになっていると。なかなか語られることのない他人の家庭が垣間見えます。「老いた卵子(おいたらんし) ~妊娠適齢期~」のあらすじ・登場人物紹介・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報などを一気にまとめてみました。

作者:まるいぴよこ
巻数:1巻
(完結=投稿日現在)

目次

老いた卵子 ~妊娠適齢期~ あらすじ

「その気になればいつだって妊娠できるのよ!」33歳で結婚もせず自由気ままに生きる麻美は、不妊治療中の40代の姉と母親からチクチク言われ重い腰を上げて結婚する。しかし、予想に反し、なかなか妊娠できず姑から医者に診てもらうよう言われ、医師から「卵子が老化し40代相当」と診断される。悔し紛れに麻美が取った行動とは…? 女の病気をテーマに贈る読者の本当にあった体験傑作集!

おいたらんし ~妊娠適齢期~ 各話あらすじ

「老いた卵子」を表題作として全5作。こんな話が実際に?と疑いたくなるほど、どれもがなかなかに信じがたい展開・結末です。なかには幸せな結末も!

老いた卵子 ~妊娠適齢期~

32歳独身OLの小山麻美。不妊治療に苦労している姉・和美の忠告をバカにして自分は、経済力のある良い男と結婚しいつでも子供が産めると思っていた。婚活の末、実家が資産家の公務員と結婚。いざ子供を!となるも年齢以上に卵子の老化が進んでいた。孫がほしい姑からのプレッシャー、こんなはずじゃないという思いがどんどんストレスになり、そんな中で姉に子供ができて。自分は悪くない!とする麻美は、子供を授かるためにとんでもない行動へ。。。「本当にあった女の人生ドラマ」2013年11月号初出

因果な病

39歳の鈴木由香は3歳年上の夫と5歳の娘の3人家族。同居する義母から跡取りの催促がきつい。体調が悪く病院にいくと子宮頸がんとの診断が。。。子宮の全摘出をすすめられる。それを知った義母はすべては由香のせいで役立たず!扱い。由香の子供にまで吹聴する事態に。子育てに闘病に家族不和・・・由香の行く末は?「本当にあった主婦の体験」2016年3月号初出

スペアの子

大田真希には4歳上の兄がいた。生まれた時から病弱で母は兄をかまってばかり。真希は良い子になることで母親からの愛情を受けようする。普段は兄中心でも体調が悪ければやさしくしてもらえたり。自分の事も大切なんだ!と思いながら大きくなっていく。しかし兄が小学4年生のとき。白血病を発症した兄を助けてほしいと母に言われ骨髄移植のドナーに。その後病気になる兄・・・またしても真希に助けを求めます。真希は自分の人生があるのに思うようになりますが、真希は兄のスペアだと母が・・・。ショックを受けた真希がとった行動は?「本当にあった主婦の体験」2012年10月号初出

心のめまい

34歳の中村真沙子は結婚三年目で夫と姑の3人暮らし。2年前に脳こうそくで右手足が不自由になった姑の介護に、仕事に、家事にと忙しい毎日。にもかかわらず姑は「子供はまだ?」と繰り返す。避けようにしていたものの、ストレスと忙しさでついに倒れて。診断はうつ病。産婦人科では若年性更年期障害と診断されてしまう。子供どころじゃなくなったとなれば家庭不和へ・・・と思いきや、予測しがたい意外な結末に。。。「本当にあった主婦の体験」2005年11月号初出

男の子出産命令

長女誕生時を「がっかり!」とする姑。長男の嫁である32歳の岡野真弓は跡継ぎを産む義務を負わされる。長女の子育てをないがしろにしてでも早く男の子を!と。そのために産みわけをしなさい!と姑。逆らえない夫に関係修復を目指す真弓・・・多大な労力と気力を費やした産み分けのすえに授かったのは・・・女の子。。。岡野家の将来はいかに?「本当にあった主婦の体験」2006年8月号初出

老いた卵子 ~妊娠適齢期~ ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、自ら無料試し読みしたい!という方へで電子コミックサイトの「まんが王国」をご紹介します。下記リンクからトップページの検索で「老いた卵子 ~妊娠適齢期~」を探せば、会員登録もアプリのダウンロードもなく、すぐに読めるので便利です。是非お試しあれ!

「老いた卵
~妊娠適齢期~」を
簡単・無料で
試し読みできる
「まんが王国」はこちら

これ以降、ネタバレ・感想と続いていきます。

ネタバレはここから

主に晩婚化による出産の高年齢化という現代の問題の実例ともいえるお話が連なっています。各話に共通しているのが女性が主人公であること。30代で出産を考えていること。姑からの圧力が強いこと。そしてこれらの因果?なのか病気を患ってしまうことです。

共通する部分が多くても展開・結末はそれぞれですが、家庭崩壊なラストがやや多めではあります。良きにしろ悪しきにしろ。。。

第1話「老いた卵子」ではいつまでも自分は若くてイケていると思っている主人公の卵子が実は年齢以上に老化していて・・・完全な思い込み。でも本当に怖いのがそんなはずじゃない!って絶対子供を作る!といってとんでもない思考・行動へと行き着くこと。これはなかなかぶっ飛んでいて怖おもしろいです。

第2話「因果な病」第4話「心のめまい」第5話「男の子出産命令」はそれぞれ姑の跡継ぎプレッシャーにより主人公である女性が追い詰められるパターン(実際にも良くあるケースなのかもしれませんが、展開・結末は様々)。その上それぞれ病気を患ってしまって。それに対する家族の対応が結末をわけます。

第3話「スペアな子」なかなかにぞっとするお話。4歳上の兄のスペアのために生まれた、という事実を18歳になって聞かされる。生まれてからずっとそう思われて育てられるって全く想像できない・・・それゆえにこの話の主人公がとった結末には注目でした。

それぞれがなかなか聞けない体験談。結末ラストのネタバレは控えさせていただきましたが、そのあたりはぜひともご自身で!と思える作品でした。

老いた卵子 ~妊娠適齢期~ 感想・口コミ

まだ配信し始めのためネット上の感想は今のところ少なく。なかなかの注目作で反響を呼びそうなので今後増えていくと思います。改めてまとめていきたいと思います。

第4話?「心のめまい」 車椅子のお姑さんに 涙こぼれました。 私も事故で車椅子の息子を 介護しているから... 身体不自由者は心が優しい。

老いた卵子 ~妊娠適齢期~ 無料試読は?

「まんが王国」で無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「老いた卵子 ~妊娠適齢期~」と検索するとすぐに立ち読みができます会員登録も専用アプリも不要なので簡単・便利。他サイトにくらべて無料試読みページ数が多いことがあるので、この作品に限らず要チェックなサイトです。

「まんが王国」で
「老いた卵子
~妊娠適齢期~」を
無料試し読み!

是非この作品を自ら楽しんでみてくださいね。少なくとも無料試し読みはお得なので是非に!