読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガまとめ!

おススメまんがのあらすじ・感想・無料試し読み情報をまとめています(一部ネタバレ・結末を含みます)

外道の歌 【第1巻まとめ!】 ネタバレあらすじ口コミ~善悪の屑続編~

善悪の屑 外道の歌

犯罪者に容赦のない制裁を加える復讐屋を描いた「善悪の屑」(全5巻)の続編(第2部)がこの「外道の歌」です。前作「善悪の屑」はまとめて全5巻を紹介しましたが、今作は未完のため新刊発売に準じてご紹介していきます。まずは第1巻。前作を先に読んでおくことか否かですが、読んでおいた方が良い!です。この巻では主人公のカモを襲った悲惨な過去の詳細が明らかに。なぜ復讐屋に?の疑問に対する答えが。復讐した相手に復讐を受ける!という展開も。続きとなる第2巻以降〜結末ラストがどうなるか予測不能で・・・まだまだ楽しめそうです。オススメ漫画「外道の歌」第1巻のあらすじ・登場人物紹介・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報などを一気にまとめてみました。

作者:渡邊ダイスケ
巻数:1巻
(完結=投稿日現在)

目次

外道の歌 あらすじ

書店も電子書籍も超話題の売れ筋コミック「善悪の屑」の第2部!法で裁けない屑には屑による直接制裁を!復讐代行人の一人「カモ」の過去が遂に明らかに!?残酷でも読み終えた後にスッキリする本当の「正義」の意味を問う問題作!

外道の歌 登場人物

 

鴨ノ目武

通称カモ。カモメ古書店を営むかたわら復讐屋を名乗る。時には無慈悲で時には人情味あふれる一面を、見せる男。ある事件で妻子を亡くすという悲しい過去をもつ。その詳細は第1巻で明らかに。

島田虎信

通称トラ。元地下格闘技のチャンピオンで義侠心に溢れた硬骨漢。4年前、母親を強盗に殺されたことがきっかけになりカモと行動を共にする。

開成奈々子

園田という殺人鬼に両親と従姉妹を殺される。園田を追いカモたちを頼っているうちにいつの間にかの居候。基本的には引きこもりでゲームばかりやっているが、カモたちの仕事を手伝いたいと思っている。

カモの叔父

現役の刑事。カモたちがやっている復讐に薄々気づきながらも黙認を保っている。カモの過去に起きた惨劇を知っており、現在の仕事を続けるカモを案じている。

園田夢二

通称練馬区の殺人鬼。ゴアゴアコミックの編集者で、高校の時から殺人を繰り返し、奈々子の家族も殺害。取材と称して本人はあくまでも作品のためにと殺人を続ける。

加世子

いわばカモたちの同業者。犯罪被害者の復讐を支援する組織「朝食会」の代表。カモたちとは違って、被害者やその遺族自身に復讐させることを信条としている。

鶴巻

加世子のパートナー。口かず少なめ。メガネにシャツをズボンにインという出で立ちながら恐るべき腕っ節の強さを持つ。

外道の歌 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、自ら無料試し読みしたい!という方へで電子コミックサイトの「まんが王国」をご紹介します。下記リンクからトップページの検索で「外道の歌」を探せば、会員登録もアプリのダウンロードもなく、すぐに読めるので便利です。是非お試しあれ!

「外道の歌」を
簡単・無料で
試し読みできる
「まんが王国」はこちら

また前作にあたる善悪の屑についても紹介記事を書いていますのでぜひご一読ください。

manga-matome.hatenablog.com

これ以降、「外道の歌」第1巻のネタバレ・感想と続いていきます。

ネタバレはここから

前作「善悪の屑」ではカモとトラの復讐屋コンビの、犯罪者に対する容赦のない制裁劇を軸に、伏線がちりばめられていました。その1つがなぜ復讐屋になったのか?「善悪の屑」では過去に事件があったとまでは明らかだったものの、詳細は謎のまま。それがこの「外道の歌」第1巻で明らかになります。

カモが営むカモメ古書店には猫がいます。その名前が珍しく「日曜日」と。居候の奈々子がそれを疑問に思うのです。

名前はカモの娘である里奈ちゃんがつけたものでした。パパが家にいる日曜日が好きだったから。。。そんな里奈ちゃん、そして妻の美咲は一緒に死んでしまったのです。家に押し入った男に暴行されて。

その惨劇を見たカモは絶望を感じ涙を流すどころが息ができなくなるほどに衝撃を受けます。子供のためならどんなでも乗り越えられると思っていたカモが唯一乗り越えられないと思っていたのが子供の死・・・それが現実になってしまったのです。

犯人は警察官僚の息子・・・他のドラマなのでもありがちですが、警察の動きが鈍い・・・それを叔父から聞いたカモは・・・・・・

復讐屋になった理由をカモは、誰もやろうとしないから、他の誰にもできない事だから、と。この強い思いをもってカモは復讐屋になったのでした。

同巻後半には前作にも登場した犯罪被害者の復讐を支援する組織「朝食会」の代表・加世子が登場。カモたちに復讐を受けた人の依頼でカモへの復讐を企てます。

割とあっさりつかまるカモは羽交い絞めになって・・・加世子のパートナーである鶴巻は、オタクっぽい出で立ちながらも腕っぷしが強く・・・。復讐の対象になったカモと、それを助けようとするトラ、そしてこの復讐の結末を左右する加世子の判断・・・それぞれが見どころです。

第1巻では第2巻以降の結末・ラストに向けた見通しがまったくつかず。これから発展の余地ありでまだまだ楽しめそう!です。伏線でいえば、前作で家族を殺されカモメ古書店に居候している奈々子の事件は、犯人がすでに登場していながらも未復讐なので、今後いずれかのタイミングで結末を迎えるとは思っています。どんな形になるのか・・・今後の楽しみの1つにしたいと思います。

外道の歌 感想・口コミ

復讐屋という違法な生業ながらその正義感からカモを応援したくなる・・・そんな声が上がっています。現実においてはいかなる理由があってもとは思いますが、漫画の世界でならば、と。

善悪の屑は、怖くて読めないと、思っていましたが、カモさんのことを知りたいと、購入しました。男らしく、妻や子どものことを誠実に愛したカモさんが悲し過ぎます。善悪の屑を読まないとわからないですよ、と教えてくださったレポのとおり登場人物のエピソードがわかりませんが、カモさんの家族に対する思いを読んでください。フィクションですが、カモさんはどこにでもいる、普通の男性なんです。

絵がリアルで丁寧なので読み易く、ストーリーも楽しめる作品でした。カモの過去が描かれた後、また復讐屋時代の話に戻ります。同業者の女とメガネが以外と話がわかるヤツっぽくて一安心。

悲しい過去を持つ主人公たち。他人の復讐を代行する中で最終的にどこにたどり着くのか…。 『目には目を歯には歯を』と思う一方で 復讐することで満足するかというと嫌悪感が最後には残ってしまう。とても悲しいストーリーです。心に余裕がある時にお読み下さい。

理不尽な目にあった人の代わりに復讐屋をしている。この動機付けが今回明らかになるとのことで楽しみにしてました。 あえての描写を避けたのかもしれませんが、殺人者の殺人動機も、家族や子供への残虐な暴行内容も伏せられたままで、復讐屋をするに至った動機付けには弱いと思わせる内容でした。 漫画の軸が復讐屋なので、もう少し丁寧に描写して、これなら復讐屋をやるのも納得できる、いままで普通に暮らしてきた人が残虐な方法で復讐屋をできるのもわかる、というところまで書き込む必要があったと思います。ちょっと拍子抜けです。続きは気になるので読むとは思いますが、先行きが少し不安ですね。(

善悪の屑~全部見てます、正直な感想は、かもさんの、そこまでの復讐をするまでに至る、心を失ってしまうほどの、強い憎しみ怒りがあまり伝わって来ませんでした。内容は完ぺきで、絵もほんとに丁寧で綺麗です。後少し、強烈な何かが欲しいと思う私は贅沢でしょうか?(

外道の歌 無料試読は?

「まんが王国」で無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「外道の歌」と検索するとすぐに立ち読みができます会員登録も専用アプリも不要なので簡単・便利。他サイトにくらべて無料試読みページ数が多いことがあるので、この作品に限らず要チェックなサイトです。

「まんが王国」で
「外道の歌」を
無料試し読み!

これ以外ではebookjapanでも取り扱いがあるようです。

→ eBookJapan

是非この作品を自ら楽しんでみてくださいね。少なくとも無料試し読みはお得なので是非に!おすすめします。